ゴルフ理論

【4スタンス理論】A2タイプのあなたが参考にすべきプロゴルファー

みなさん、こんにちは。
アラサーサラリーマン ゴルファーです。

このブログでは、アラサーアベレージゴルファーの私が平均スコア80台を目指すために実施していること・調べたことを公開し、同じ目的を持つゴルファーに有益な情報を提供することを目標にしています。

今回は、4スタンス理論のうち、A2タイプに分類されるプロゴルファーをリストアップしていきます。
同時に、スイングの動画も紹介していきますので、是非その動きを見ながら参考にしていただければと思います。

<今回の記事の対象者>
・4スタンス理論において、A2タイプに分類される方
・その中で、参考にすべきプロゴルファーが誰か知りたい方

4スタンス理論とは

人というのは、直立した際に体重がかかる、いわゆる重心の位置がどこにくるのか、癖などによって変わってきます。

4スタンス理論とは、広戸聡一先生が提唱する理論で、その各自の重心の位置によって正しい体の動かし方が異なるという理論です。つまり、ゴルフに限らずあらゆるスポーツ、ひいては普段の生活にまで応用が効く理論になります。

同じタイプのプロゴルファーのスイングを参考にすることで、自分の身体にあったスイングを構築することができるようになるはずです。

自分がどのスタンスに当てはまるのか判別する方法を記事にしていますので、こちらもチェックしてみてください。

 

 

4スタンス理論に関する書籍も販売されていますので、是非チェックしてみてください。


 

A2タイプのプロゴルファー

それでは、A2タイプに分類されるプロゴルファーを紹介していきます。

タイガー・ウッズ

まずは、言わずと知れた世界一、いや歴代一位のゴルフプレイヤー タイガーウッズ選手です。

ゴルフをされる方は一度は見たことある動画かもしれませんが、タイガーウッズのスイング動画のリンクを貼っておきます。

ジョーダン・スピース

続いては、ジョーダン・スピース選手です。

一般的によくないとされるチキンウィングが特徴のプレイヤーで、かっこ悪いスイングなんて称されることもあります。

しかし、同年で全米メジャー2勝をあげるなど、その実力は本物です。

ブルックス・ケプカ

続いても人気の選手、ブルックス・ケプカ選手もA2タイプに分類されるプロゴルファーです。

ジョーダン・スピースほどではないですが、ケプカもフォロースルーで左肘を抜くようなスイングですね。

ミッシェル・ウィー

続いては女性選手から、ミッシェル・ウィー選手もA2タイプに属するプレイヤーです。

スタンス幅が広いのが非常に特徴的ですね。

申ジエ

続いては日本女子ツアーでも大活躍の申ジエ選手です。

非常に安定感のある選手であり、毎試合上位に組み込むなど成績にも表れています。

宮里藍

最後は日本人から宮里藍選手です。

日本女子プロの人気に火をつけた彼女ですが、スイングタイプはA2に分類されるようです。

さらにゴルフの上達を目指す方へ

スイング計測器を活用

ゴルフスイングを分析するために、様々なスイング計測器が発売されています。

高いものだと数百万円もするようなものもありますが、個人で購入できる範囲のものもあります。

特におすすめは「M-Tracer」です。

クラブに計測器を付けてスイング軌道を確認できる器具で、自分のスイングの特性を数値で把握することができます。

プロの診断を受ける

より自分にあったスイングを知るためには、プロの目で見てもらうのが一番です。

ただ、レッスンに通うのはハードルが高いですし、自分にあったプロを探すのは一苦労です。

そんな時に是非活用していただきたいのが、【ゴルフテック】のスイング診断です。

特に三つのポイントでおすすめです。

・最新機材を導入したスイング診断
・スイング診断のみの利用が可能
・主要都市に拠点あり

ぜひ、一度スイング診断だけでも活用していただき、自分のスイングの特徴を把握して頂ければと思います。



さいごに

さて、今回はA2タイプに分類されるプロゴルファーとそのスイング動画を紹介しました。

A2タイプの皆さんは参考になりましたでしょうか?

私もA2タイプに分類されるのですが、今回挙げた選手の動画は何度も観て参考にしています。

また、同じタイプの選手が活躍するのはうれしいですよね。