ゴルフボール

【2024年新作ゴルフボールレビュー】ホンマ TW-S 2024年モデルの評価

TW-Sの概要

ホンマのTW-S 2024年モデルは、特にソフトなフィーリングと安定した飛距離を提供するよう設計された3ピース構造のウレタンカバーゴルフボールです。

このモデルは、スイングスピードがやや遅めのプレーヤーに最適で、特にドライバーショットでのパフォーマンスが際立っています。

TW-Sの特徴と技術

  1. 新配合LDソフトコア: このコアは、従来よりも大きく柔らかくなり、ドライバーショット時の余分なスピンを抑えつつ、高い打ち出し角度を実現します。
  2. ソフトFLEXレイヤー: 新しいレイヤー設計により、アイアンショットではバックスピンを増加させ、ソフトな打感でコントロール性能が向上します。
  3. プレミアムキャストウレタンカバー: このカバーは、フェースの溝にしっかりとくいつき、特にショートアイアンでのスピン性能を大幅に向上させます。また、耐久性も高く、長期間にわたり優れたパフォーマンスを維持します。

TW-Sのパフォーマンス

TW-Sゴルフボールは、特にソフトなフィーリングと高い飛距離性能を兼ね備えています。スイングスピードが85mph程度のプレーヤーに最適で、高い飛行弾道を実現します。また、ドライバーショットでは低スピンで長い飛距離を提供し、アイアンショットでは安定したスピン性能を発揮します。風の中でも安定した飛行を可能にするディンプルデザインも特徴です。

TW-Sの価格

ホンマ TW-S 2024年モデルの価格は、1ダースあたり約5,280円(税込)です。

この価格帯は、高品質なウレタンカバーを採用したゴルフボールとして非常に競争力があり、コストパフォーマンスに優れています。

実際に使ってみた感想

HonmaのTW-X 2024年モデルを実際に使用してみました。その結果、このボールがどれほど優れているかをお伝えせずにはいられません。ゴルフボールに求める性能をすべて満たしてくれる、まさに「オールラウンダー」です。

まず、TW-Xボールの打感についてですが、非常にソフトでありながらしっかりとしたフィードバックがあります。これは、プレミアムキャストウレタンカバーによるもので、クラブフェースとの接触時間が長く、スピン性能が向上しています​ (The Golf Wire)​。このカバーは耐久性も高く、何ラウンドも使い続けることができます。

飛距離に関しては、TW-Xの新しい大径コアと高弾性FLEXレイヤーのおかげで、初速が大幅に向上し、結果として飛距離も伸びています。このコアとレイヤーの組み合わせは、特にドライバーショットで効果を発揮し、力強い打球を実現します​ (Honma Golf)​​ (The Golf Wire)​。

また、Honma独自の326ディンプル設計により、風に対しても安定した飛行を見せ、方向性が非常に良いです。このディンプルパターンは、3年間の厳しい設計プロセスを経て開発されたもので、どのショットでも一貫した安定性を提供します​ (Honma Golf)​​ (The Golf Wire)​。

HONMAオリジナルディンプル

デザインもシンプルで洗練されており、視認性も高いため、プレー中にボールを見失う心配が少なくなります。また、グリーン上でのアプローチショットでも、そのスピン性能とコントロール性が役立ちます。特に短いアイアンショットやパッティングでその効果を実感しました。

総じて、Honma TW-X 2024年モデルは、初心者から上級者まで、すべてのゴルファーにとって満足のいくボールです。新しいゴルフボールを探しているなら、ぜひ一度試してみてください。このボールのおかげで、スコアもプレーの楽しさも一段とアップすること間違いありません。次のラウンドにはTW-Xをバッグに入れて、素晴らしいゴルフ体験を楽しんでください!​ (Honma Golf)​​ (Golf)​​ (GolfWRX)​​ (Honma Golf)

総評

ホンマ TW-S 2024年モデルは、特にソフトなフィーリングと安定した飛距離を求めるゴルファーにとって理想的なゴルフボールです。高いボールスピード、安定した飛行、優れたスピンコントロールを提供し、プレミアムなフィーリングを兼ね備えています。スイングスピードがやや遅めのプレーヤーにも最適で、価格対性能比も非常に高いと評価されています。

おススメ ゴルフボール一覧